審美歯科

審美歯科

せっかく治療するなら、より美しく治したい。
お口のコンプレックスを解消して、生き生きとした毎日を過ごしたい。
美しく健康な歯に対するニーズから生まれたのが、審美歯科です。
審美歯科と言いますと、いかにも固く聞こえてしまうかもしれませんが、審美歯科とは、一言で言えば口元を美しくすることです。
口元がキレイになれば、かなりお顔の感じが変わります。人前でも思いっきり笑うこともできますし、毎日の生活にも自信ができます。
「痛みを取り除けばいい」「機能の修復のみを行えばいい」そんな過去の歯科治療ではご満足頂けない患者様に捧げる、新しい歯科治療のあり方です。既に当院の審美歯科治療を受けられた患者様からは、喜びのお声を多数頂戴しております。
特に前歯を気にしておられる場合には、劇的に雰囲気が変わることも珍しくはありません。
患者様にお喜び頂き、その笑顔を見た時には、歯科医師になって良かったとつくづく思います。


歯をキレイにする色々な方法

1.セラミック法

セラミックの歯を被せて治す最も一般的な治療法で、ハイブリッドセラミック・セラミック・オールセラミックがございます。セラミックは透明感があり、見た目が非常にキレイです。

ハイブリッドセラミック

見た目が美しく割れにくい。硬すぎないので周囲の歯は噛み合う歯を痛めることがありません。

セラミック

見た目が美しく天然歯に近い。中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。

オールセラミック

金属を全く使用していないため透明感があり、見た目が非常に美しく、汚れ(プラーク)が付きにくい。天然歯に限りなく近い色調が得られ変色しません。

2.ラミネートベニア法

歯の色が変色した方に、歯をあまり削ることなく、セラミックのつけ爪のような物を貼り付けて、きれいにする治療法です。歯の見える面だけを一層(0.5~0.8mm)削ります。削った部分に貼り付けるためのシェルをセラミックで作り、接着剤で歯に貼り付けるだけで治療が完了します。

3.セラミックインレー法

銀歯の詰め物を白くて綺麗なセラミックの詰め物に変えます。特に下あごの歯に詰めている銀歯は目立ちますので、その部分を白い歯に変えるだけでもかなり見栄えが違います。
既に、金属の詰め物が入っておられる方もセラミックインレーに交換することができます。

審美歯科の実際

ホワイトニング術前 ホワイトニング術後

当院で審美歯科治療を受けられた30代の男性です。
上顎にラミネートベニア、下顎にジルコニアを使用し、見違えるような美しい仕上がりに!





ページのトップへ