インプラント

インプラント

一昔前までは、歯を失うと入れ歯や差し歯、ブリッジが主流となっておりました。
これに対し、近年では、歯科医療技術の進化により登場した、顎の骨に直接チタン製の人工歯根を埋め込み、その上から金合金で作製した冠を取り付けるインプラント(人工歯根)を希望される患者様が増えています。
インプラント治療には、歯科医師との十分な打ち合わせやカウンセリング、そして何より歯科医師の高い技術と経験が必要となってきますが、自然の歯に近い噛み心地と美しさを取り戻せることが、インプラントの大きなメリットとして注目されております。当院では、患者様毎に異なる状況を詳しく検査・精査し、メリット・デメリットを十分にご理解頂いた上で、インプラント治療を行っております。


インプラントのメリット

・安定した噛み合わせを長期間保つことが可能
・失った歯の数が多くてもかみ合せの力(咀嚼能力)の回復が可能
・自分の歯に近い機能と外観が得られる
・適切なケアにより長持ちする

インプラントのデメリット

・一般的な歯科治療に比べて治療期間が長い
・痛みはほとんどないが手術が必要
・保険診療に比べ費用がかかる
・家庭内や医院での定期メンテナンスが必要

インプラント治療の流れ

1.診査・カウンセリング

インプラント治療が可能か否かを診断致します。歯茎の状態や身体的な健康状態を診査し、インプラント治療が可能であれば、詳しいご説明を致します。インプラント治療に関する疑問や不安など、気になることがあれば何でもお気軽にご相談下さい。


2.治療計画の策定

骨の厚みや密度などを調べ、インプラントのサイズや埋入の深さや方向を検討します。
その上で、患者様に詳しい治療計画をお伝えし、十分にご納得頂きましてから治療を開始致します。


3.インプラントの埋入手術

局所麻酔を行い、顎の骨にフィクスチャー(人工歯根)を埋入していきます。通常、骨と完全に結合するまでに約3〜6ヶ月要します。その後、上部構造(かぶせもの)を装着致します。また、埋入後すぐに上部構造(かぶせもの)を装着したいという患者様には、仮の歯を入れる場合もございます。


5.メンテナンス

約3~6ヶ月後に、骨と完全に結合した事を確認し、最終的な人工の歯を製作致します。骨と結合したインプラントにアバットメント(支台)を取り付け、製作された人工の歯(上部構造)を取り付けていきます。


5.メンテナンス

インプラント治療は、人工の歯を装着して治療が終わるわけではありません。
インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアで口腔内を清潔に保ち、少なくとも半年に1度はご来院頂き、咬み合わせや清掃状態などの健診を受けられることをお勧め致します。



安全なインプラント治療のために

インプラントを埋入するシミュレーション

当院では、安全なインプラント治療を行うために、被曝量が少なく3次元の断面撮影より顎の骨の状態や神経の位置などを正確に把握することが可能な、デジタルレントゲンを導入しております。

インプラントを埋入するシミュレーションを可能とし、経験や勘に頼らないより安全なインプラント治療を実現しております。


生体監視モニター

また、インプラント手術時の安全性を確保するため、生体監視モニターも備えておりますので、どなたにも安心してインプラント治療をお受け頂けます。


インプラント治療の実際

インプラント術前 インプラント術後

当院でインプラント治療を受けられた40代の男性です。
失った歯を取り戻すことは、何でもよく噛める健康的な食生活を取り戻すことです!





ページのトップへ