一般歯科

一般歯科

虫歯の治療はもちろん、歯周病治療にも力を入れております。
歯周病は、歯を支える土台となる骨が溶けて、最後には歯が抜け落ちてしまう自覚症状のない恐ろしい病気です。
当院では歯周病治療として、丁寧な歯石除去(スケーリング)の他、溶けた骨を再生するGTR法やエムドゲイン法といった高度な歯周病治療も行っております。


虫歯の治療について

「甘いものばかりを食べていると虫歯になりやすい」と言うのは何となく解っていても、どうしてそれが虫歯の原因になるのかをはっきり知っている方は、案外少ないのではないでしょうか。
確かに砂糖は虫歯をつくる原因となりますが、実はそれだけでは虫歯はできません。

歯・虫歯菌・砂糖の3つの条件が揃うと、砂糖を餌とした虫歯菌が酸を作り出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かし始めます。これが虫歯の始まりです。虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければなりません。

当院では、虫歯等の削る範囲を最小限に抑え、歯根の治療もきちんと行い、できるだけ歯を抜かずに残す方針にて歯科治療を行っております。

歯とお口の病気やその診療・治療については、分からない事や心配事、疑問等がたくさんある事と思います。そのような時には、どうぞ遠慮なさらず、お気軽に歯科医師及びスタッフにおたずね下さい。

なるべく削らない歯科治療

当院では「3Mix-MP法」という、できるだけ歯を削らない治療を行っております。
「3Mix-MP法」は、歯をほとんど削らず、抗菌剤を使って病巣を無菌化する新しい治療法です。
※症例により、3Mix-MP法が適さない場合もございます。

できるだけ痛くない歯科治療への取り組み

1.痛みのない麻酔

電動麻酔器

当院では、治療中の痛みをとるための麻酔自体が痛いということがありません。
まずは、麻酔針を使用する際にチクッとした痛みを軽減する為に、歯茎にジェル状の表面麻酔を行なっております。そして、麻酔時の不快な圧力痛を軽減する為、ゆっくりと一定の圧力で麻酔処置が可能なコンピューター制御の電動麻酔器を導入しております。


レーザー治療

レーザー

ほとんど痛みのないレーザー治療を行っております。
レーザー治療は、虫歯の治療と予防、知覚過敏、歯周病治療、歯茎の黒ずみ除去、口内炎などに効果があります。
※症例により、レーザー治療が適さない場合もございます。


笑気吸入鎮静法

当院では、鼻マスクで笑気を吸入するだけの笑気吸入鎮静法により、治療時の不安感や痛みを和らげながら治療を受けることができます。
吸入停止後すぐに回復致しますので、ご安心下さい。


歯周病の治療について

歯の健康を守るためには、まず歯を支える骨や歯肉をしっかり健康にしてからでないと、せっかくの歯の治療も台無しになってしまうことがあります。
歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)です。プラークは約70%が細菌からできています。
当院では、歯磨きの練習はもちろん、歯石除去やPMTCという歯や歯肉のクリーニングを徹底的に行っております。

歯周病の治療では、まず「歯周ポケット検査」と「レントゲン検査」を行います。
歯周ポケット検査とは、歯と歯肉のすき間の深さ(歯周ポケット)を測ることにより、歯を支えている組織の破壊度が分かります。また、レントゲン検査により、歯を 支えている顎の骨(歯槽骨)の無くなり具合が分かり、その程度によって歯周病のステージを判断し、治療方針を決定しています。





ページのトップへ